安全確認や広さの確認

模型

被害を発生させないために

神奈川は、日本の都道府県の中では首都に次いで人口の多いエリアです。人口密度も高く、住宅などの建物が密集しているので、神奈川では解体工事の際には特に注意が必要とされています。周辺の建物を汚したり傷つけたり、周辺住民を危険な目に遭わせたりしないよう、安全確認を十分に行いながら進めることが大事なのです。具体的には、解体工事の前に建物全体を飛散防止用のシートで覆います。これにより、埃や破片などが飛び散ることによる被害が防がれやすくなります。また神奈川には狭い路地も多いので、解体現場に作業用のショベルカーなどが入ることができるかどうかを、事前に確認しておくことも肝心です。入らない場合には、大型の作業車を使わずに済む解体方法のプランニングが必要となるのです。たとえば、建物の内側から手作業で壁材や床材などを可能な限り取り外し、建物を骨組みのみという状態にするのです。そうなれば、後は狭い路地にも入る小型のショベルカーでも解体できるようになります。さらに必要に応じて、自治体の許可を得た上で道路の通行止めを行っておきます。こうすることで、解体工事現場に第三者が入り込まなくなれば、その分業者はより一層施工に集中できるようになるのです。実際に神奈川では、このように配慮を重ねて解体工事が行われています。建物が多い分実績も多く、それでいて事故やクレームなどのリスクが少ないので、神奈川の解体業者の多くが信頼されています。

Copyright© 2017 家屋解体なら専門業者に依頼しよう【業者の選び方を紹介】 All Rights Reserved.