工事の仕組み

作業員

リサイクル強化されている

名古屋の解体業者には、建設業許可か解体工事業登録が必須です。さらに作業員らにも資格や技能講習が義務付けられています。資格や講習の例を挙げると、足場の組立て等作業主任者や木造建築物解体工事作業指揮者、小型移動式クレーン運転技能講習等です。そして名古屋では、木造では重機併用手壊し工法、鉄骨造や鉄筋コンクリート造では圧砕機工法が主流の解体工事方法です。近年は解体工事に発生する騒音や振動が大きく抑えられる工法が発達しており、近隣住民へかける迷惑も少なくなっています。さらに解体工事で出る廃棄物をリサイクルできるよう分別しながら作業を進めていく、分別解体が一般的です。これは現場でコンクリートと木くず、アスファルトを分別しなければいけない解体です。解体工事に時間はかかるものの、これによってほとんどの建材がリサイクル可能となっています。また、中にはより高度なリサイクルを確立している業者もあります。環境のことを重視したい人は、こうした観点で業者を選ぶのも一つの方法です。それから名古屋の解体業者によっては自社で解体工事をせずに、下請け会社に依頼する場合があります。そうすると費用が割り増しになるため、費用を少しでも抑えたい場合は自社で一括工事しているところを選ぶと良いです。名古屋の解体工事業者は、工事に必要な手続きや近隣住民への挨拶及び説明、建物滅失登記の手続きなども行ってくれます。施主は業者を選ぶだけで、他にしなければいけないことは基本的にありません。

Copyright© 2017 家屋解体なら専門業者に依頼しよう【業者の選び方を紹介】 All Rights Reserved.